補綴歯科

補綴(ほてつ)歯科とは失ってしまった歯や歯のかたちを人工の歯で補い修復する治療です。
補綴歯科専門医である院長は補綴治療のスペシャリストとしてお口全体を包括的に捉え診断を行い、自費診療、保険診療に関わらず高いレベルでの診療に対応させていただきます。

治療内容

クラウン

歯の一部または全体に問題があり歯の形を冠(クラウン)を被せることで修復する方法です。使用材料によりメタルクラウン、セラミッククラウン、ハイブリッドクラウンなどがあります。
ブリッジ

失ってしまった歯の両側の歯を土台(橋脚)として人工の歯を橋のように架ける治療方法です。一般的に少数の歯を失ってしまった時に用いられる方法です。土台となる歯を削らなくてはならず、負担が大きくなるのが欠点です。
補助具を用いたお手入れが不可欠です。
義歯(入れ歯)

多数の歯を失ってしまった場合は取り外すタイプの義歯(入れ歯)の処置が有効です。 当院では、患者さまのお望みとお口の状況を総合的に検査診断し、精度の高い義歯を提供することが可能です。補綴歯科専門医が補綴治療の基本である、義歯についてのご相談を広くお受けしています。 歯が残っている場合にはまずお口の中の残っている歯の狂いから修正していきます。その上で、口腔内で感じる不快感を和らげる工夫を施し、「痛くない」「落ちない」「ぴたっと吸着する」義歯をオーダーメイドで製作いたします。たとえば、着脱式の義歯を安定させるためにマグネットアタッチメント(特殊な磁石)を組み込んだアタッチメント義歯や補助的に最小限のインプラントを用いるオーバーレイデンチャーなど、様々な義歯を提案させていただきます。
ぜひ補綴歯科専門医の作る義歯(入れ歯)を試してみてください。自分には入れ歯は合わないとあきらめていた方もご満足いただけるように努力させていただきます。

日本補綴歯科学会の専門医制度

当院の院長は、日本補綴歯科学会より認定された補綴歯科専門医です。
日本補綴歯科学会の専門医制度は、専門の研修機関で研鑽を積み、補綴歯科の専門的知識と技術、経験を持つ歯科医師に対して厳格な基準を設け認定を行います。この分野で高い水準の歯科医療を行い、歯科治療レベルの向上を図ることを目的としています。
専門医取得のためには学会発表、論文の投稿、症例の蓄積さらには専門医試験等々の高いハードルを越える必要があります。平成4年より発足した認定医制度は、平成17年度に専門医制度が施行されてからは厳格な試験が課せられるようになり平成21年度からはさらに厳しい試験制度に変更されました。
平成4年の認定医制度施行後、試験に合格し専門医を取得した歯科医師は埼玉県では当院の院長を含めて僅かに3人を数えるのみです。(平成22年現在)

症例を見る